STX-2412(3.0kW)

脱炭素社会に貢献する、省電力、レーザガス不要のファイバーレーザ加工機です。

CO₂レーザ加工機と比較して、軟鋼薄板、ステンレス、アルミニウムの切断生産性が大幅に向上するとともに、銅や真鍮などの高反射材も安定して切断できるようになりました。また、従来のファイバーレーザ加工機が苦手としていた厚板加工にも対応できるよう、ビーム径変更機能を搭載しています。当社が開発したインテリジェント機能である、ピアシング検知、バーニング検知、プラズマ検知などを標準で搭載しているため、加工不良を防ぐだけでなく、オペレータの作業もサポートします。

当機はテーブル駆動方式を採用しているため、一般的なレーザ加工機の半分のフロアスペースで設置することができます。テーブルの近くにCNC装置が設置されており、段取り作業と、CNC操作が同じ場所で行えます。テーブルへの接近性が非常によく、また、ワークリフタが標準搭載されているため、ワークの載せ替え作業を簡単に行うことができます。段取り性が非常に高く、頻繁にワークの載せ替えや段取り替えを行う、多品種少量生産に最適な機械です。

お客様に安心してご使用いただけるよう、ファイバーレーザ発振器には5年間の保証を付けています。

写真)STX-2412 (2.0 kW)

  • 動画
  • 写真
  • 仕様
  • カタログダウンロード

STX-2412(3.0kW)

脱炭素社会に貢献する、省電力、レーザガス不要のファイバーレーザ加工機です。

CO₂レーザ加工機と比較して、軟鋼薄板、ステンレス、アルミニウムの切断生産性が大幅に向上するとともに、銅や真鍮などの高反射材も安定して切断できるようになりました。また、従来のファイバーレーザ加工機が苦手としていた厚板加工にも対応できるよう、ビーム径変更機能を搭載しています。当社が開発したインテリジェント機能である、ピアシング検知、バーニング検知、プラズマ検知などを標準で搭載しているため、加工不良を防ぐだけでなく、オペレータの作業もサポートします。

当機はテーブル駆動方式を採用しているため、一般的なレーザ加工機の半分のフロアスペースで設置することができます。テーブルの近くにCNC装置が設置されており、段取り作業と、CNC操作が同じ場所で行えます。テーブルへの接近性が非常によく、また、ワークリフタが標準搭載されているため、ワークの載せ替え作業を簡単に行うことができます。段取り性が非常に高く、頻繁にワークの載せ替えや段取り替えを行う、多品種少量生産に最適な機械です。

お客様に安心してご使用いただけるよう、ファイバーレーザ発振器には5年間の保証を付けています。

写真)STX-2412 (2.0 kW)

最大加工寸法
Max. worksheet size
1250 mm × 2500 mm
発振器出力
Resonator
3.0 kW
軸移動量 X軸
Axis travel X-axis
2520 mm
軸移動量 Y軸
Axis travel Y-axis
1270 mm
軸移動量 Z軸
Axis travel Z-axis
168 mm
総電源容量
Electrical power requirement
28 kVA
CNC装置
CNC system
MAZATROL PREVIEW 3
質量
Machine weight
10500 kg
ディスプレイ
Display
15”カラー液晶表示(TFT)
15” color LCD (TFT)