FT-150 FIBER

高精度レーザヘッドを搭載した、小径パイプ専用高速レーザ加工機です。

家具や建築、車両フレームといった部材には主に小径パイプが使用されています。当機はこうした量産が求められる業界をターゲットにしたレーザ加工機です。小径の丸パイプや角パイプを高精度・高品質に加工し、高付加価値と高生産性をもたらします。

FT-150 FIBERは高精度レーザヘッドを搭載しているため、切断だけでなく、多数の小径穴の高精度面直加工や開先加工も可能です。オプションも充実しており、パイプ素材の外形寸法をレーザ計測して素材の歪みを自動補正する機能、シーム(継ぎ目)を考慮して角度を割り出す機能、スパッタの付着や裏焼けを防止する機能、薄板でもタップ加工を可能とする機能などを準備しています。

また、当機は新開発のバンドルローダを採用しています。大量のパイプをローダに置くだけで、自動的に1本ずつ機内へ搬入します。レーザ加工を行った後は長短さまざまな部材を自動で搬出するので、量産加工の生産性が大きく向上します。素材搬入部と搬出部は、いずれも機械の正面に設けており、作業者の動線が短くなることから、作業効率も向上します。

加工スケジュールは、当社ソフトウェアで作成したネスティングプログラムをもとに、操作パネル上で作成することができます。ソフト面でも、素材供給から切断、搬送までの自動化・スケジュール運転を支援します。

  • 動画
  • 写真
  • 仕様
  • カタログダウンロード

FT-150 FIBER

高精度レーザヘッドを搭載した、小径パイプ専用高速レーザ加工機です。

家具や建築、車両フレームといった部材には主に小径パイプが使用されています。当機はこうした量産が求められる業界をターゲットにしたレーザ加工機です。小径の丸パイプや角パイプを高精度・高品質に加工し、高付加価値と高生産性をもたらします。

FT-150 FIBERは高精度レーザヘッドを搭載しているため、切断だけでなく、多数の小径穴の高精度面直加工や開先加工も可能です。オプションも充実しており、パイプ素材の外形寸法をレーザ計測して素材の歪みを自動補正する機能、シーム(継ぎ目)を考慮して角度を割り出す機能、スパッタの付着や裏焼けを防止する機能、薄板でもタップ加工を可能とする機能などを準備しています。

また、当機は新開発のバンドルローダを採用しています。大量のパイプをローダに置くだけで、自動的に1本ずつ機内へ搬入します。レーザ加工を行った後は長短さまざまな部材を自動で搬出するので、量産加工の生産性が大きく向上します。素材搬入部と搬出部は、いずれも機械の正面に設けており、作業者の動線が短くなることから、作業効率も向上します。

加工スケジュールは、当社ソフトウェアで作成したネスティングプログラムをもとに、操作パネル上で作成することができます。ソフト面でも、素材供給から切断、搬送までの自動化・スケジュール運転を支援します。

ワーク寸法 (丸材)
Workpiece diameter (Round pipe)
Φ20 mm ~ Φ152.4 mm
ワーク寸法 (角材)
Workpiece diameter (Square pipe)
□20 mm ~ □125 mm
最大搬出長さ
Max. material length for loading
6500 mm
最大搬出長さ (アンローダ)
Max. material length for unloading
3000 mm
発振器出力
Resonator
3.0 kW
最大ワーク質量
Max. workpiece weight
150 kg
25 kg/m
軸移動量 X軸
Axis travel X-axis
7700 mm
軸移動量 U軸
Axis travel U-axis
80 mm
軸移動量 Y軸
Axis travel Y-axis
1200 mm
軸移動量 Z軸
Axis travel Z-axis
205 mm
総電源容量
Electrical power requirement
60 kVA